読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

消費者金融審査の依存笑

消費者金融歴20年以上の筋がね入りの依存症(笑?)である管理人ダイスケのブログ

スポンサードリンク



中小消費者金融は街金と呼ぶ~今は怖くはない安心して借りれる

中小街金

今は街金は決して怖くはありません!安心して借りれます

 

皆さんは『街金』という呼び名をどういうイメージを持ちますか?

 

街金と聞くと昔の怖いサラ金や闇金のイメージを持つ人がいるでしょう。

 

しかし、現在では街金は決して怖い金融ではありません。

 

ぶっちゃけ、テレビのCMとかで宣伝している有名な大手の消費者金融と変わらないと言って良いです。

 

従って街金でお金を借りたい人は大手の消費者金融で借りるのと同じような安心感を持って申し込むのがよろしいでしょう。

 

では実際に街金とはどういう業者でしょうか?

 

 

街金とは?

 

街金とは中小、零細、小規模のローン会社をいいます。

スポンサードリンク

 

 

 

例をあげると「中小地場の消費者金融」、「中小地場の信販会社」、「中小地場の不動産担保ローン」、「中小地場の車担保ローン」など、地元密着で融資サービスを行っているローン会社です。

 

また中小企業向け、個人事業主向けにビジネスローン(事業者ローン、手形貸し付け)などを行っている小規模な商工ローンのサービスを行っている業者も街金といえます。

 

ここでは、中小消費者金融業者に絞って「街金」を解説していきます。

 

 

街金のメリットは?

 

街金のメリットは、一言で言ってしまえば「審査の柔軟性」です。

 

業界では「審査が甘い」という表現も使いますが、中小の消費者金融全般はやっぱり全体的に審査の甘い所が多いですね。

 

審査面では痒い所に手が届くような独自審査や人情審査をしてくれることが多いです。

 

例えば、大手の消費者金融の場合、あるお客さんが50万円の融資の申し込みをしてあっさりと審査に落とされるケースが多い。

 

しかし、「中小消費者金融の場合は、50万円はダメだけど20万円ならば貸す」・・・といった柔軟性が大手よりもあります。

 

だから、中小の街金系消費者金融で「小口だったけど借りれた」という口コミが多いのです。

 

ただ、街金は審査が柔軟な点以外のメリットはほとんどありません(笑)

 

とにかく何が何でもお金を借りたいから「審査の甘さ」というメリットだけをアテにして街金に申し込みをするお客さんがほとんどです。

 

 

街金のデメリットは沢山ある(笑)

 

逆に街金のデメリットは沢山あります。

「審査が甘い」というのだけが街金のメリットですから・・。

 

 

【街金のデメリット】

 

1)審査と融資が遅い

街金はとにかく審査が遅いです(汗)

 

今すぐお金を借りたくて焦っている人にとっては街金ののんびりした対応には思わずイラッとくることもあるでしょう

 

街金の公式ホームページでは「即日審査」とか「当日審査」と書かれていいる場合が多いですが、実際は融資が数日後というケースも少なくありません。

 

また審査の結果まで何時間~何日もかかることも多く、お金を借りたくて審査待ち状態の人にとっては心の中は気が気ではないでしょう。

 

審査結果の「返事が遅くて何週間もまたされた上に審査は否決」・・・・という口コミも街金ではたまに見かけます

 

また更に酷いのでは、ずっと待たされていて、そのまま返事が来ない・・・・というパターンもたまに、ある街金業者の口コミで見かけます。

 

「審査落ちならば結果の返事くらいしろよ!」・・・と思いますよね?!

 

 

2)融資と返済に手間がかかる

大手の消費者金融の場合は契約後はキャッシングカードを受け取れて、後は自由にコンビニエンスストアなどで借りたり返済したりを、お手軽に出来ます。

 

あれは非常に便利ですよね?

 

しかし中小業者、街金などではキャッシングカードを利用するという事はほとんどありません。

 

ほとんどの業者は専用のキャッシングカードを導入していません。

 

だから借りる時は銀行での振込融資。

返済時も銀行に振り込み返済を行わなければなりません。

 

そう言った利便性に欠けるのが街金といえます。

 

3)金利があまり安くない

そして街金の3つ目のデメリットは金利が安くない点です。

利息制限法ギリギリ上限金利(20%)の街金も多いです。

 

これが大手や銀行系ならばもう少し安い金利で借りれるのですが、街金を利用すると大手などよりも少し高い金利でお金を借りる事が多くなります。

 

街金でお金を借りる場合は金利は安くても15%~18%が普通

高い場合は20%位で貸します。

 

ただ、これも法律の改正が行われて昔に比べると15%~20%の金利もかなり安くなったと言えます。

 

昔は大手でも29.2%で貸すことが多かったので(出資法のグレーゾーン金利で貸していた業者が多かった)

 

4)地元民しか借りれない業者が多い

 

街金業者の中には、「同県民のみ」とか「九州のみ」とか「首都圏のみ」とか「北海道のみ」など地元のエリアに住む人しか融資をしない所が多いです。

 

まぁ地元密着のローンサービスだから街金と呼ばれるわけですが(笑)

 

最近では「インターネットで全国振込融資対応」という街金も増えてきましたが、それでもやはりエリア限定で融資サービスを行っている業者が圧倒的に多いです。

 

従って、あなたがもし街金でお金を借りたい場合はなるべく地元の業者を当たるのが良いでしょう。

 

同じ地元民ならば審査も多少緩くなると思います。

 

あとインターネットで全国対応の街金も融資リストに知っておくと良いかと思います。

 

 

今の街金は安心して借りれる!

先ほども書きましたが今の時代、街金はちっとも怖くはありません。

昔のテレビや漫画などの暴力団まがいの怖い取り立てのイメージは一層されました。

 

法律が厳しく改正されたので昔のように怖い取り立てなどが出来なくなったのです(それをやったら業務停止処分になる)

 

なので、どこの街金も大手や銀行系の消費者金融で借りるのと同じように安心して借りれます。

 

ただ一つだけ注意しなければいけないのは、違法業者である闇金を街金と間違えて借りてしまう事です。

 

闇金は利息制限法の上限である年率20%を超える金利で貸し付けてきます。

この時点で闇金と思って間違いありません。

 

怪しい業者には近づかないことが無難ですね。

 

スポンサードリンク