消費者金融審査の依存笑

消費者金融歴20年以上の筋がね入りの依存症(笑?)である管理人ダイスケのブログ

スポンサードリンク



水商売でも消費者金融の審査は通るか?

水商売は消費者金融の審査は厳しいと言われているけど本当か?

 

それは本当だと思います。

それを最初に言ってしまうと身も蓋もありませんが(笑)

 

でも事実です。

 

では、なぜ水商売の人が消費者金融の審査が厳しいのか?

そして、水商売という理由だけで全くお金が借りれないのか?

 

今日は水商売という職業をフォーカスして消費者金融の審査について語ります

 

まずは水商売が消費者金融で審査が通り難い理由です。

 

なぜ水商売の人は消費者金融の審査が不利なのか?

スポンサードリンク

 

 

 

1)収入が安定しない

水商売は歩合制が多く、指名してナンボの世界です

高い時給制でやっている水商売店もありますが、結局指名が取れないとクビになる

 

2)離職率や転職率が高い

キャバクラ、ホストクラブなどはとにかく人の入れ替わりが激しい

すぐに辞めてしまう人も多く、違うお店に転職してしまう人も多い。

消費者金融の審査では勤続年数の長さを重要視するので、勤続年数の少ない水商売の人は審査が厳しくなる

 

3)正社員がほとんどいない

水商売に携わっている人はほとんどがアルバイトです。

また歩合制でやっている人は個人事業主と変わりません。

消費者金融の審査が厳しくなるのは当然。

 

4)住居が安定していない人が多い

水商売に携わっている人はアパートや下宿、お店の寮など多い

中には友達や彼氏の自宅に居候や同棲しているケースも多い。

住居が安定しない人や居住年数が短い人は消費者金融の審査が厳しくなる

 

5)シングルマザー、主婦、学生、フリーターが多い

シングルマザーや主婦は消費者金融の審査で不利です

学生やフリーターも当然不利です。

 

いずれも収入が安定していないと思われるからです

 

・・・以上の4つの理由が消費者金融の審査を難しくしているように思えます。

 

水商売でも審査が通りやすい人とは?

 

では、反対に水商売の人でも比較的、消費者金融の審査が通りやすい人はいるのでしょうか?

 

もちろん、水商売の人の中でも審査が通りやすい人はいます。

 

どんな人なのかを以下に列挙してみます

 

【水商売でも消費者金融の審査が通りやすいタイプの人】

1)持ち家(住宅ローンなし)、家族所有の家、居住年数の長い賃貸に住んでいる

要は居住が安定していれば安定している程、消費者金融の審査のスコアリングが高くなり有利です。

賃貸でも2~3年以上同じ場所に住んでいればそれだけプラス評価といえます。

 

2)正社員で働いている水商売

あまりいないと思いますが、正社員の人は安定収入があると思われますのでもちろん有利です。

 

水商売の世界ではマネージャーとかチーフとか管理職に携わっていれば消費者金融の審査に有利です。

 

3)勤続年数が長い人

水商売に限らず、消費者金融の審査では勤続年数が長ければ長いほど有利です。

勤続年数が長い人はそれだけ収入も安定していると思われるので審査のスコアリングが上がります。

最低でも勤続年数2年以上は欲しいところ。

 

4)毎月の収入が安定している事を証明できる

水商売でも他の職業でも消費者金融の審査では「収入安定性」を最も重視します。

収入が安定している人は返済能力があると判断されるからです。

 

5)他で借金をしていない事、借入件数が少ない事

水商売に限らず、どの職業に務めている人もこれは大事なことです。

多重債務者は審査に落とされる確率大です!

水商売の方で確実に借りたいならば出来れば借金ゼロが望ましい。

 

6)信用情報に事故情報がない事

これも水商売に限らずどの職業でも大事なことです。

ブラックリスト(異動情報)はほとんど審査に通りません

過去に自己破産、長期延滞、債務整理歴がある人も審査に通りにくいでしょう。

 

7)短期間に連続申し込みをしていないこと

短期間に色々な消費者金融会社に申込みしまくっている人は審査が難しいでしょう。

個人信用情報に申込み履歴がしっかり残ってしまいます。

短期の消費者金融連続申し込みは「申込みブラックリスト」と言います

それがない人の方が消費者金融の審査に通りやすいのです。

 

水商売でも審査が通りやすい消費者金融会社は?

では、実際に水商売の方でも審査に通りやすい消費者金融会社はあるのでしょうか?

私が知る限りでは、大手、中堅、中小にいくつかあります。

 

(大手では?)

大手の消費者金融はほとんどがアルバイト、パートでもOKです。

先ほど上記で書いた「水商売でも審査に通りやすい人」の条件を満たしている人ならば大手でも借りれることもあります。

 

(中堅・中小では?)

一方で、中堅や中小の消費者金融会社の場合、業者によって借りれる所と借りれない所に分かれます。

 

中小の消費者金融の中には「正社員しか貸さない」という業者も相当数存在します。

こういう業者だといくら申し込んでも借りれません。

 

水商売の方で中小消費者金融で借りたい方は「アルバイト、パートでもOK」と表記されている消費者金融をおすすめします。

 

水商売の方が消費者金融で高い確率でお金を借りれるコツ

 

最後に水商売の方が消費者金融でより確実に借りるコツについて書いてみます。

 

水商売の方が消費者金融の審査に通りやすくするにはインターネットでの申し込みを避けて直接、店舗の窓口に行くことです。

 

アナログ的なやり方ですが、これは効果があります。

 

店舗窓口などのいわゆる対面審査の場合、消費者金融の審査担当者と直接対話ができるからです。

 

直接対話ができると言うことは、いろいろな交渉も可能ということです

 

また、直接対話による対面審査の場合は消費者金融会社の人の方から色々な融資プランの提案もしてくれます

 

例えば・・・・ある水商売の人がインターネットで限度額50万円を希望してある消費者金融に申し込んだら、コンピューターの自動審査で瞬殺で落とされるでしょう。

 

これで「ジ・エンド」です(笑)

 

しかし店頭窓口での対面審査の場合は、「50万円の融資は無理ですが、20万円ならなんとか貸せますがどうでしょうか?」・・・・といった感じで消費者金融会社の審査担当者の方から提案があったりします。

 

無機質に機械的審査をするインターネットでの申し込みとは違い、いわゆる人情審査も加味されますから、少額でも借りれることがあるんです。

 

だから、水商売の方がどうしてもお金を借りたい場合は面倒ではありますが、直接店舗に行った方が良いかもしれません。