読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

消費者金融審査の依存笑

消費者金融歴20年以上の筋がね入りの依存症(笑?)である管理人ダイスケのブログ

スポンサードリンク



消費者金融利用歴20年ダイスケの自己紹介

消費者金融と共に歩んできた20年間

こんにちは!私はダイスケと申します。

消費者金融歴20年以上の強者です(いや・・・・強者というより恥ずかしい話ですが・汗)

 

さて、私はすっかり中年のオヤジと化しておりますが、私が初めて消費者金融を使い始めたのは、まだ初々しい青年(?!)の頃です。

 

確か25歳の時でしたかね・・。

 

私が思うにあの頃の時代は消費者金融の全盛期だったと思います。

 

テレビを付ければゴールデンタイムに消費者金融のCMがガンガン流れ(当時は武富士の女ダンサーのCMが一番すごかったです)

 

あの頃にアコムの「むじんくん」なんかも、職場でCMの歌を口すさんでいる上司とかもいましたね(笑)

 

街を歩けば無人契約機の建物があちらこちらに建っておりました。

 

またビルの1階から9階まで全て消費者金融の店舗という「サラ金ビル」も町中では結構ありましたね。

 

今思うと懐かしいです。

 

私の消費者金融デビュー

スポンサードリンク

 

 

私が初めて消費者金融を使ったのは今から20年前以上前ですかね、確か27歳くらいの時だったと思います。

 

ちなみに初めて使ったのが「アイク」という消費者金融でした

 

外資系の消費者金融で今では撤退してありませんが、とっても審査が甘い会社だったのを覚えております。

 

2番目に借りたのが、あのプロミスです。

 

あの頃はかなりガンガンCMとかやっていました

 

「黄色い看板のプロミス」とかいうキャッチフレーズで、ご存知の方も多いかもしれません。

 

ただ、私がプロミスを利用し始めた時はまだ黄色い看板ではなく「青い看板」でしたね。

 

その後に、「黄色い看板のプロミス」になって、CMでも巨乳アイドルの井上和香とかが出ておりましたWWW。

 

そのプロミスが私の消費者金融デビューでした。

 

なぜ、プロミスを選んだのかと言いますと当時は大手の中では一番金利が安かったからです。

 

は当時、グリーゾーン金利全盛期で、大手の消費者金融も信販系のキャッシングも30%近くの金利でお金を貸しておりました。

 

その中でも、、当時の大手は

武富士(倒産)・・・・28%位

アコムが・・・・・・・27%位

三洋信販(吸収合併)・・・28%位

ディック(撤退)・・・・・28%位

ほのぼのレイク(現・レイク)・・・・27%位

アイフル・・・・・・・・・28%位

 

と結構高い金利でお金を貸しておりました。

 

しかし、なぜかプロミスだけが、当時25.5%の金利で借りれたんです

 

そんな訳で私はプロミスが金利が一番安くてお得だと思い恐る恐る無人契約機に行ったのです。

 

 

初めての消費者金融に申し込んだのは結婚費用の調達でした

 

私が初めて消費者金融を使った理由は?(結婚資金の調達に・・・・)

さて、当時の私がなぜ、消費者金融でお金を借りようと思ったのか?

 

それは、なんと!結婚式費用の調達の為でした。

 

これを聞いて「なんて馬鹿な奴だ!」と思う人もいたでしょう。

 

私も我ながらバカだと思います。

 

結婚式の費用を調達するなら銀行の「ブライダルローン」とか「結婚式ローン」などを使えば良いですよね。

 

それならば金利が3%~6%位で済みます。

 

もしくは、両親にお願いしてお金を借りれば良いでしょう。

 

親には「お願い貸してください!結婚式が終わってご祝儀が集まればすぐに返せます」と言って短期間だけ借りれば良いですよね?

 

・・・・ちなみに私は上記の手段は取りました。

 

最初に最寄りの都市銀行のブライダルローンの融資の申し込みをしました。

150万円ほど。

 

しかし、見事に審査に落ちました(笑)

 

当時の私はトラックドライバーのアルバイターだったからでしょうか?

でもフル勤務で月収30万円位の収入がありました。(日給13000円で25日勤務)

 

これだけの収入があればブライダルローンの審査は通ると思っていたのです。

 

しかし、私はトラックドライバーのアルバイトは転職したばかりで勤続年数は1年くらいしかありませんでした。

 

勤続年数が短いから銀行のブライダルローンの審査に落ちたのでしょう。。。。

 

仕方なく私は親に泣きついてお願いしました

「ご祝儀貰った分ですぐに返すから100万円位貸して欲しい」・・・・と。

 

でも元々私達の結婚に反対だった親はビタ一文すら貸してくれませんでした・・・。

 

私は派手な結婚式は望んでおりませんでした。

当時としては地味婚だったと思います

 

しかし、いくら地味婚といっても結婚式場代、披露宴代、引き出物代、ドレスや着物のレンタル代、新婚旅行代などを含めたらどうしても最低100万円はかかってしまうのです。

 

毎日肉体労働のトラックドライバーで朝から晩まで働いていたので、ある程度自分の給料と彼女の給料を合わせて自力でお金を貯めておりました。

 

しかし、半年以内に結婚式を控えていたので、残りの足りない100万円分はどうしてもローンでお金を借りないと困るわけです。

 

当時のバカな彼女が「早く結婚したい」と詰め寄られてしまい、早く結婚式をしなくてはならなかったんですえ(私としては、余裕をもって式を伸ばしたかったのですが・・・)

 

当時、結婚に焦ったバカな彼女の望みをかなえてあげたいと思ってしまったのですね

(結局3年後には離婚してしまいましたが・・・)

 

早く結婚式をするために無理して結婚費用を貯めて、足りない部分を借金・ローンで賄おうとしていた当時のバカな私。

 

ブライダルローンでも審査落ち、親に頼んでも断られて、、、、結局行きついたのが消費者金融でした。

 

20年前の出来事でしたので、当時は無人契約機が出始めたばかりの頃でした。

 

初めて借りようと足を運んだのが武富士(今は倒産)の無人契約機でした。

 

既に先客が何人もいて自分の番が回ってくるまで待合室で待っていたのですが、異様な雰囲気に耐えられずに途中で逃げ出してしまいました・・・。

 

消費者金融のサラ金という昔ながらの怖いイメージがあって、不安で無人契約機に行く事が出来ませんでした。

 

結局、私が取った手段は申込書の郵送による申し込みでした。

 

どこから手に入れたのか忘れましたが消費者金融の『アイク』という外資系の会社に申し込みました。

 

申込書に記入をして郵送・・・・あとは審査結果を待つばかり

 

2週間後くらい経って、アイクから郵便物が返送されてきました。

 

封筒の中身は契約書類とキャッシングカードです

 

これを見て「やった!!」と思いました。

 

アルバイトの私でも見事消費者金融の審査に通ったのです!!

 

限度額は50万円

初めての申し込みにしては上々の限度額でありました。

 

ただ金利は35%の高金利でした(汗)

20年前以上の法改正前の金利でしたので・・・・

 

50万円を消費者金融から借りれてラッキーだと思いましたが、それでも結婚式には、あと少なくとも50万円必要でした。

 

結局、再度親に泣きついて『100万円じゃなくてもいい、50万円で良いから貸してください!』と頼み込み、なんとか母親から借りることができました。

 

これで半年後に晴れて結婚式をすることができました!

 

勿論、結婚式で頂いたご祝儀で消費者金融から借りた50万円の借金と母親から借りた50万円の借金を全部返済してメデタシ、メデタシ・・・ということに

 

借金はゼロになりましたが・・・半年前に審査に通った消費者金融の「アイク」のカードは手元に残りました。

 

また、いざと言う時に役立つかもしれないと思いアイクのカードはタンスの引き出しに大事にしまっておきました(結局後で役に立ちました、それについては後述します・笑)

 

そして、、、、余談ではありますが、、、、、、

 

我々の結婚は、、まぁ所詮、計画性の無い結婚だったし、私もバカ、当時の嫁さんだった彼女もバカだったので、結婚生活は長続きしませんでした。

 

3年で離婚することに・・・。

 

以上、私のおバカな「消費者金融体験談~1」でした。

 

初めての消費者金融デビューが結婚式費用目的とはね・・・・今では笑い話です。

 

消費者金融体験談~2に続く・・・・・

 

スポンサードリンク